電車広告の情報検索サイト「電車広告.com(電車広告ドットコム)」

X

吊革(つり革)広告

ピンポイントで掲出可能!

ご相談・お見積もりは無料です! 03-6375-2538 ご提案から設置・管理まで全てお任せ下さい! お問い合わせフォームはこちら >

吊革(つり革)広告のご紹介です

  • 吊革(つり革)広告とは
  • 吊革(つり革)広告とは

吊革(つり革)広告とは

吊革広告(つり革広告)は、電車内に設置された吊革部分に掲出する電車広告メディアです。

乗客の手元から情報を発信する目に入りやすい位置での展開は、より身近に臨場感を与える広告メディアです。

他電車メディアと比べて立体的な特殊形状で掲載します。電車1編成全ての車両の吊革に掲載、1列に並んだ連続感が独特の雰囲気を演出いたしますので、電車利用者の注目を集める事に適したメディアです。

サイズは電鉄や吊革の種類によって異なりますが、代表的な路線となるJR山手線のつり革広告「アドストラップ」は、H 51 × 円周 125 mmのシートを吊革を包むように丸めて全方向から見えるように掲載します。

主に電車を毎日利用するビジネスパーソンや通学客、主婦などをはじめとする不特定多数の電車利用者に向けた刷り込みによる効果が見込め、商品の認知向上、サービスやキャンペーン、イベントの案内、ブランディングなどを目的とした利用機会が多い電車広告です。

電車広告の特徴として、目的の駅に着くまでは電車利用者は車内で一定の位置で待機しますので、一度目にした広告を最後まで読んでもらうのに十分な時間を確保する事ができます。

吊革(つり革)広告の特徴

  1. ■吊革広告(つり革広告)は2週間から4週間の短期・中期掲出が可能な電車広告です。※長期商品もございます。
  2. ■吊革広告(つり革広告)は乗客の目線の高さに掲出できる電車広告です。吊革広告(つり革広告)は車内で立っている乗客の手元に掲出され、ちょうど目線に入りやすい位置の掲出が可能な電車広告となります。
  3. ■吊革広告(つり革広告)は掲出編成の車両全てに展開される電車広告です。掲載単位は1編成となりますが該当編成の全車両の吊革部分に展開されます。ジャック感を演出できる注目を集めやすく電車広告の中でもより話題性の高い訴求を行なう事ができます。

 

 【2019年度】吊革(つり革)広告 参考料金

鉄道会社名 商品名
掲載路線
編成
枚数
掲載料金
JR
東日本
山手線E235系
アドストラップ
1編成
1,900枚
¥1,300,000/28日間
東京
メトロ
銀座線
つり革広告
5編成
1,400枚
¥2,700,000/1ヶ月間
東急 東横線・田園都市線
つり革広告
各1編成
1,250枚
¥2,500,000/1ヶ月間
多摩モノレール 多摩モノレール
つり革広告
1編成
180枚
¥100,000/1ヶ月間
京成 京成線
アドストラップ
1編成
472本~
¥400,000/1ヶ月間

※表示は税別価格です。 ※枚数は納品枚数です。
※2019年度の情報です。車両増減や広告料金改定により情報内容が変更される場合がございます。
※制作料金、デザイン作成費、施工費は別途お見積もりいたします。

メディア一覧|吊革(つり革)広告

広告を掲出したい路線をクリックしてください。
他路線もご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。

  • 並び替え

もっとみる