電車広告の情報検索サイト「電車広告.com(電車広告ドットコム)」

X

電車内ビジョンのご紹介です

  • 電車内ビジョンとは
  • 電車内ビジョンとは

電車内ビジョンとは

電車内ビジョン広告は、電車内に設置された液晶ディスプレイ型サイネージの電車広告メディアです。

車内のドア上部や窓上部分に設置された液晶ディスプレイにて映像広告を放映します。話題性の高いコンテンツ提供や動画放映を行なう事で、電車広告の中でも注目を集めやすく、質の高い広告情報提供に長けたメディアです。

液晶サイズは電鉄や車両によって異なりますが、JR東日本車両ではドア上は15インチ4:3と17インチ16:9、窓上部は21.5インチが採用、

主に電車を毎日利用するビジネスパーソンや通学客などをはじめとした不特定多数の鉄道利用者に向けた刷り込みによる視認訴求効果が見込めるほか、 静止画から動画まで映像メディアならではの”オリジナリティとインパクト”を兼ね備えた表現が可能、視聴者を飽きさせない事から 広告注目率が高い電車広告と言えます。

企業案内や商品の認知向上、サービスやキャンペーン、イベントの案内、ブランディングなどを目的とした利用機会が多い広告メディアです。

放映期間の多くはCM15秒枠×1週間で設定されており、電車広告の特徴として、目的の駅に着くまで電車利用者は車内で一定の位置で待機しますので、 一度目にした広告を最後まで見てもらうのに十分な時間を確保する事ができます。

電車内ビジョンの特徴

  1. ■電車内ビジョン広告は1週間からの短期放映が可能な電車広告です。電車内ビジョン広告はCM15秒枠×1週間単位での放映が可能なため、短期スパンで電車広告をお考えのお客様にはお薦めの媒体です。電鉄によっては長期設定の枠のご用意もございます。
  2. ■電車内ビジョン広告は美しく多彩な表現が可能な電車広告です。電車内ビジョン広告は、従来になかった液晶ディスプレイ放映は、より鮮明で色鮮やかな広告配信を可能にし、乗客へより良い印象を与えます。
    動画や静止画の切り替えを行なう事で、乗客の目に留まりやすく、注目を集める電車広告です。
  3. ■電車内ビジョン広告は制作コストの抑制化が可能なほか、放映内容の定期変更が行なえる電車広告です。電車内ビジョン広告はデジタルデータ入稿で放映しますので、従来の電車広告メディアに必要であった意匠制作費・施工作業費がかからず、初回にかかる費用負担を軽減できます。
  4. ■電車内ビジョン広告は路線選択で広告エリアをセグメントする事が可能な電車広告です。電車内ビジョン広告は路線を指定する事で広告エリアを絞れます。地域密着性が高く、電車を利用される方へのプロモートに適した電車広告です。

メディア一覧|電車内ビジョン

広告を掲出したい路線をクリックしてください。
他路線もご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。

  • 並び替え

もっとみる